https://www.youtube.com/watch?v=Yucsm7VA9Zo


捜査員の間で「横取り野郎」と呼ばれていました。

 山浦稔真容疑者(27)と当時19歳の少年は去年、東京・品川区の83歳の女性からだまし取ったカードを使い、現金100万円を他人名義の口座に送金するなどした疑いが持たれています。警視庁によりますと、山浦容疑者は詐欺グループで現金の受け取り役をしていた少年とSNSで知り合い、「だまし取った金を横取りしないか」と持ち掛けました。そのうえで、他人名義の口座を用意して少年に金を振り込ませていました。捜査員の間では横取り野郎と呼ばれていたということです。容疑については否認しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp