発射は新型の「極超音速ミサイル」北朝鮮メディア(2021年9月29日)

 北朝鮮メディアは28日に発射したミサイルについて、新型の「極超音速ミサイル」だと明らかにしたうえで「すべての指標で設計上の要求を満たした」と報じました。

 29日付の朝鮮労働党の機関紙は、28日に日本海へ向け発射したミサイルについて、新たに開発した「極超音速ミサイル」の「火星8」だと明らかにし、画像を公開しました。

 実験は今月、軍トップ就任が発表された朴正天(パク・ジョンチョン)氏が視察し、新型ミサイルはすべての技術指標で設計上の要求を満たしたということです。

 また、28日に始まった北朝鮮の国会にあたる「最高人民会議」についても報じていて、会議初日の28日は金正恩総書記は出席せず、主に経済関連の法案について討議したということです。会議は29日も続きます。
[テレ朝news]

コメント

  1. Ankhma ll より:

    ミサイル実験?本当かな。何発もミサイル射ってるでしょう。

  2. 葱 本物の より:

    なんでも極とか超とか付ける日本人の真似か?

  3. RAIDEN より:

    女子アナ滑舌悪いね。

タイトルとURLをコピーしました