独議会選挙から一夜 「連立政権」交渉が次の焦点(2021年9月27日)

 ドイツ連邦議会選挙から一夜明け、連立交渉が次の焦点となっています。各政党のシンボルカラーから「信号連立」や「ジャマイカ連立」が取り沙汰されています。

 メルケル首相の後任を決める選挙が26日に投開票され、暫定結果で社会民主党が第1党となりました。

 ただ単独過半数には至らず、連立政権に向けた交渉が次の焦点となっています。

 首相候補のショルツ氏は27日、自由民主党と緑の党との連立に期待を示しました。

 この連立は社民党の「赤」、自由民主党の「黄色」、緑の党の「緑」という各党のシンボルカラーから「信号連立」と呼ばれています。

 一方、社民党の代わりに「黒色」のキリスト教民主・社会同盟が入り、ジャマイカの国旗の色から名付けられた「ジャマイカ連立」も取り沙汰されています。

 政党間で隔たりがある政策もあり、連立交渉は長期化が予想されています。
[テレ朝news]

コメント

  1. John Doe より:

    マスクしている人は殆どいない。ドイツはコロナを克服したのですね。

  2. たた より:

    ドイツは社民党に政権交代

  3. たた より:

    社民党と緑の党で連立を組むことがほぼ確実です

  4. たた より:

    バッハ会長はドイツの自由民主党の党員だからドイツの自由民主党に投票したのかな

  5. たた より:

    ドイツの社民党 第一党が確実で政権とるよ
    日本の社民党  やっとの思いで1議席を確保

  6. 富士 桜 より:

    どっちみちリベラルじゃないのか!

  7. kh Mg より:

    このペースで行くと、神の国建設、スタートは、二十年後ですね。  神の遺伝子病気克服ワクシン医薬品製造は、二十年後から、スタートです。

  8. NonChemi より:

    ドイツは政権交代して、Zeroコロナに舵を切るのだろうか?
    それとも、政権が誰であろうと、感染拡大政策を続けるのだろうか?

  9. ふあゆー より:

    メルケルと百合子ちゃんは共通点多そう

    お薬両方とも好きそうだよな

  10. Ocean's Wahead JabaL より:

    シュレーダーやメルケル氏、両名以上の舵取りが出来る人でないとこの先に待機しているであろう出口戦略(終息宣言後)の経済や貧困層、救済政策がないと欧州はまた混迷期に入り兼ねない。

タイトルとURLをコピーしました