https://www.youtube.com/watch?v=24Abcl82lBE

[ad]

 公正取引委員会は携帯電話市場に関する実態調査を行い、端末の下取りなどを条件に分割払いを一部免除する契約は独占禁止法違反になる可能性があるという見解を示しました。  それによりますと、スマートフォンの端末を分割払いで販売した後に端末の下取りや新しい端末の購入を条件に残っている分割払いを免除する契約は消費者に他社への契約変更を断念させ、事実上、選択権を奪う可能性があると指摘しました。  公正取引委員会はこうした販売方法が独禁法違反になる可能性があるとして、NTTドコモとKDDI、それにソフトバンクの携帯大手3社に対して調査結果に基づいて自主的に改善するよう求める方針です。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp