JR北海道の保線作業車 ブレーキきかない状態で走行(2021年6月9日)

 JR北海道の保線作業用の車両がブレーキが利かない状態で走行していたことが分かりました。

 JR北海道によりますと、7日午後11時50分ごろ、2両編成の保線作業用の車両など合わせて3両が大沼駅と仁山駅の間で止まろうとした際にブレーキが利かなくなり、約7キロにわたって坂を下り続けました。

 車両は2カ所の踏切と仁山駅と新函館北斗駅の2つの駅を通過し、坂を下り切った七飯駅の手前で止まりました。

 JR北海道によりますと、けが人や車との接触はなく、ブレーキが利かなくなった原因は調査中としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. しなの より:

    股尾前科で見たなあこんなの
    営業列車じゃなかっただけよかった…
    作業車でももっと高速になってカーブで脱線とかだったら大惨事だったろうに

  2. じゃが丸ポテト より:

    終電後だと踏切とか確認しない人とかいそう。

  3. 英型鍵子 より:

    JR北海道は一度解体しないとダメ。労組が強すぎて暴走しまくってる。客の事なんて考えてない。意識が国鉄時代のまま変わってない。

  4. kohta shirayama より:

    失敗は成功の元
    補助ブレーキ付けちゃうか、

  5. 暇ちゃんねる より:

    つまり保守点検もてきないくらい経営が悪化してるのでは? 先に線路があったから大事故にはならなかったけど無かったら大事故

  6. 牛丼 より:

    飯塚プリウスかな

  7. 浮浪雲ー より:

    暴走列車…怖いな。
    事故に成らなくて良かった。

  8. その他動画等 より:

    いまニッポンに最も必要なもの。ブレーキ。

  9. 小野寺敏 より:

    仁山の加速線で停車は出来なかったのだろうか?また別の線を歩いている保線員(軌道工)は何故退避せず歩いているのだろう?

  10. kyuukou kaisoku より:

    ブレーキが効かない当該車両が、営業用車両じゃなかったのがまだ救いですね

  11. もち より:

    はっや

  12. SJIM株式会社SUN RISE より:

    幸いなのが深夜走行の作業車だったという事だったな…

  13. サダムパテック、 より:

    暴走列車という映画を思い出す

  14. カリーナメルsp ch より:

    怖かっただろーな

  15. Ganbarou Japan より:

    過〇派 の テ〇 か…

  16. MARU KAME より:

    今、日本中で問題になってますね、ブレーキが効かない問題。オリンピック政権も高齢ドライバーもね。

  17. 車好きな誠 より:

    補選作業車の点検作業してたんかな・・・(๑╹ω╹๑)

  18. 鳥取大学総長 より:

    _人人人人人人人人_
    > JR北海道  <
     ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

タイトルとURLをコピーしました