https://www.youtube.com/watch?v=IN6_K-s-KiM

[ad]

 望まない妊娠を防ぐため、緊急避妊薬の市販を認めるかの議論が厚生労働省で始まりました。  緊急避妊薬は性行為から72時間以内に服用すれば妊娠を防ぐ確率が高くなります。  現在、国内では購入するのに医師の処方箋(せん)が必要ですが、性犯罪を受けた場合に早く薬にアクセスできる必要性があるなど市販を求める声が多くなっていて、7日に厚労省で議論が始まりました。  厚労省は2017年にも同様の検討をしていましたが、性教育や知識の観点から見送りとなっていました。  今後、要望者のヒアリングや薬局での販売を認めている国の状況などが検討され、市販を認めるかが話し合われます。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp