国内のワクチン効果は? 厚労省が研究を開始(2021年6月7日)

 厚生労働省が国内における新型コロナワクチンの効果の研究を始めたことが分かりました。

 厚労省が始めたワクチンの効果を調べる研究は大阪市立大学の附属病院の医療従事者や大阪市の職員など1500人が対象です。

 ワクチンを打った人と打っていない人に分け、その後、感染して発症した人数や中和抗体の数値、抗体の持続期間などを半年間、観察して比べるということです。

 まずは、すでに接種が進んでいるファイザーのワクチンで始め、その後、モデルナでも実施されます。

 厚労省は「ワクチンが日本人にどのくらい効果があるのか詳しく調べたい」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

  1. AG M より:

    ワクチン利権で進行中。只今、人体実験進行中。

  2. エレンリプリー より:

    今更

  3. t-i 19 より:

    副作用の研究もよろしゅうに。

  4. 鈴木あつ より:

    効果があるかわからないのに許可したのか?

  5. Ah Chruy より:

    外国製の、ワクシン効果有りません、国内産も、更に効果有りません。

  6. 錦馬超 より:

    まだやってへんかったんか

  7. Es Wakya より:

    日本製コロナワクチンの実験かなっと思ったのに、
    外国(ファイザー)製コロナワクチンを使っての実験なのですか…

    うぅん、がっかり…

  8. おうとくま より:

    モルモット扱いするな

  9. 本物の葱 より:

    ワクチン意味ないからな

タイトルとURLをコピーしました