笹生優花が2位で最終日へ 全米女子オープンゴルフ(2021年6月6日)

 女子ゴルフの海外メジャー全米女子オープン3日目。19歳の笹生優花が首位に1打差の2位となり、7日の最終ラウンドに日本人女子として3人目のメジャータイトルに期待がかかります。

 アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコで開かれている全米女子オープンの大会3日目。

 海外メジャー制覇を目指す笹生は、2位に1打差の通算6アンダーでスタートしました。

 この日、笹生は1番パー5をバーディー発進し、前半は7アンダーで折り返しました。

 しかし、後半はスコアを崩し、結果は3日目イーブンの6アンダーでホールアウトしました。

 首位のアメリカのレクシー・トンプソンとは1打差です。

 7日の最終日、日本人女子としては3人目の海外メジャー制覇に臨みます。

 19歳の笹生は日本国内ツアー通算2勝のルーキーです。

 日本人の父とフィリピン人の母との間に生まれ、現在2つの国籍を有します。

 東京オリンピックへの出場が期待されますが、世界ランクでフィリピン勢の1位につけていて、フィリピン代表として出場する意向を示しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました