活発な梅雨前線 九州~北海道 雨・風が強まる(2021年6月4日)

 4日の列島は九州から北海道まで広い範囲で雨や風が強まっていて、土砂災害や川の増水に警戒が必要です。

 梅雨前線や発達した低気圧の影響で全国的に雨となっています。

 未明に鹿児島県で猛烈な雨を観測し、24時間に降った雨の量は200ミリを超えました。

 山口県では一時、氾濫危険水位を超えた川もあり、この時間は近畿から東海を中心に激しい雨となっています。

 予想される雨の量は5日朝までに東海で180ミリ、北海道で150ミリで、北海道では6月1カ月に降る雨が一日で降る恐れもあります。

 その北日本では風も強まっています。

 6月として最大の風を観測したところもあり、北海道や東北に暴風警報が出ています。

 暴風はこれから夜にかけてがピークとなる見込みで、瞬間的に35メートルの暴風が吹き荒れそうです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました