https://www.youtube.com/watch?v=l6SsXLIjmdA

[ad]

 新型コロナ対策を話し合うアドバイザリーボードで東京オリンピック・パラリンピックについて議論され、大会を開催することで感染状況にどのような影響が出るのかなど専門家がリスクを評価する方針を示しました。  脇田座長:「大きなイベントが行われることによって国内の感染状況にどういう影響があるかしっかりリスク評価されるべきで、それに基づいた必要な対策が行われるべき」  厚生労働省で2日に開かれたアドバイザリーボードで東京大会の開催について、どうすれば感染や医療体制への負荷などリスクを減らせるのか専門家の立場で提言するべきだという意見が交わされました。  しかし、提言に向けた議論の場はまだ決まってません。  出席した委員によりますと、分科会の尾身会長は「政府はオリパラの開催をもう決定している」と見解を述べたということです。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp