【SDGs】森を通して自然界の仕組みを知る/Seeds of happiness(2021/5/28)

岸上夏樹さんは、北海道にある富良野自然塾に入塾して4年目のインストラクター。
かつて人々が開発した土地を再び森に戻そうと、植樹などをしながら、訪れた人に自然の仕組みを教えています。
大学時代は、ヒグマ研究のために森を訪れていた岸上さん。
人間のためだけではなく、生き物全てのために森を作る自然塾と出合い、森の見方が変わったといいます。
自然の楽しさを知って欲しいと活動する、岸上さんが思い描く未来とは?

Mr. Natsuki Kishigami has been an instructor at Furano Shizen Juku for four years. He works at reforesting land that has been previously developed, and teaching visitors about the structure of nature while planting trees and such. When he was a university student, Mr. Kishigami would often visit the forest to study brown bears. There, he says that the way he saw the forest changed. It was no longer just a place for humans, but a place that nature made for all living things. Mr. Kishigami is actively trying to teach others how much fun nature is. What kind of future does he see?
(2021年5月28日放送 『しあわせのたね。』より)

しあわせのたね。HP https://www.tv-asahi.co.jp/shiawasenotane/
毎週土曜 午前9時55分放送 ※一部地域を除く

#SDGs #北海道 #富良野自然塾

コメント

  1. SOK LYPO より:

    Thanks for sharing this video.

タイトルとURLをコピーしました