牛のげっぷを抑えて温暖化対策。国内初の押し歩き機能も!電動アシスト自転車市場が拡大中。「クラフトコーラ」って何?どうやって作るの!?今週のまとめだにゃん!【マスクにゃんニュース】

牛のげっぷを抑えて温暖化対策!
(牛のげっぷを抑えて温室効果ガスを削減する研究が本格化している。牛のげっぷに含まれるメタンや、家畜の糞尿を処理する時に発生する一酸化二窒素は日本の農林水産業で発生する温室効果ガスの約3割を占めている。政府が2050年までに温室効果ガス排出ゼロを目指すなか、農水省は牛の胃の中の微生物をコントロールしたり、餌(えさ)を工夫したりしてガスの発生を減らす研究に力を入れている。今年度中に牛の胃の中の微生物の動きを把握する機器を開発するなど、これまでの研究成果をまとめることにしている。そもそも牛のげっぷと地球温暖化はどう関係しているのか?)

国内初の押し歩き機能も登場!広がる電動アシスト自転車市場。
(車体の重さがネックだった電動アシスト自転車に、国内初の新機能が登場する。パナソニックは、押して歩く時にも電動で補助する機能「押し歩きモード」が搭載された電動アシスト自転車を発売する。電動アシスト自転車の高齢者の利用が増えるなか、坂道などでは車体が重くて押す時に負担になることが課題だった。「押し歩きモード」は改正道路交通法の施行を受けて機能を付けることが可能になり、7月に国内で初めて発売される。
電動アシスト自転車市場は、近年右肩上がりで成長を続けているという。男性向けのスポーツタイプなどが登場しているほか、免許を自主返納した高齢者が利用するケースも増えていて、各社商品ラインナップを強化している。1993年に登場した世界初の電動アシスト自転車、ヤマハPASやヤマハ発動機が6月に発売予定のシニア向け新モデル(PAS SION-U)についても紹介する。)

「クラフトコーラ」って何?どうやって作るの!?
(手作りのコーラ、「クラフトコーラ」が今、人気を集めている。東京・原宿にある「伊良コーラ」、扱っているのはお店独自の調合をした自家製だ。伊良コーラ代表の小林さんは、漢方薬職人だったという祖父の漢方薬の製造の技術からヒントを得て、その製法をコーラ作りに応用したそう。コーラはそもそもどうやって作るものなのか?伊良コーラの場合、まず、レモンなどの柑橘類の皮をすり下ろす。使うスパイスはシナモンやナツメグ、クローブなど12種類以上。さらに、コーラの実。鍋で煮て調合するとコーラの原液が完成。こうしたクラフトコーラは日本全国で50種類以上あるという。その中から、フレンチのシェフが手掛けた奈良県の「ナラコーラ」、島根県で耕作放棄地を活用して育てたショウガやトウガラシから作られた「出雲SPICE LAB.クラフトコーラ」、岐阜県の地元の薬草から作る「ぎふコーラ」を紹介する。)

マスクにゃんと気になるニュースを見てみるにゃん!
(2021.5.24-5.28)

★公式グッズ発売中!!★
https://suzuri.jp/MNNmasknyan

☆『みんなもニャーチューバー』ではかわいいネコちゃんの写真を募集中☆
マスクにゃんのTwitterから受け付けてるにゃん!
https://twitter.com/MNNmasknyan

☆LINEスタンプ好評発売中☆
https://store.line.me/stickershop/product/10178987

★みんなでデザイン!マスクにゃんのマスク★
https://www.tv-asahi.co.jp/mnn/#/section-2?category=news

~『マスクにゃんニュース』のいっき見もオススメ!!~
https://www.youtube.com/playlist?list=PLKeSkVQhqoOqBRYSN6tLoLI6sl47Uc4rj

♪マスクにゃんのtwitterはこちら↓↓
https://twitter.com/MNNmasknyan

♪MNNマスクにゃんニュースのHPはこちら↓↓
https://www.tv-asahi.co.jp/mnn/

#地球温暖化 #電動アシスト自転車 #クラフトコーラ #牛のげっぷ #温室効果ガス #農水省 #牛 #押し歩き #自転車 #パナソニック #ヤマハ #コーラ #作り方 #テレビ朝日 #勉強 #雑学 #時事問題 #マスクにゃん #猫

コメント

タイトルとURLをコピーしました