https://www.youtube.com/watch?v=ICMWnka-HMM

[ad]

 東京・池袋にあるサンシャイン水族館で先月から募集していたコツメカワウソの赤ちゃんの名前が決定しました。4000件を超える応募のなかから選ばれた名前に込められた願いとは。  サンシャイン水族館で今年2月に生まれた、コツメカワウソ3姉妹の生後間もないころの様子です。  この3姉妹の名前が、「世界カワウソの日」だった26日に生配信で発表されました。  4000件を超える応募のなかから決まった名前は、「てまり」「ひまり」「あいり」。  それぞれの名前には、応募した人の切なる願いが込められています。  「てまり」には、“まり”のようにコロコロとこのコロナ禍の暗い世の中が良い方に、明るい方に転がっていってほしいという思い。  「ひまり」にも、ひだまりや太陽のように希望を与える、暗い世の中を明るく照らす存在になってほしい、という願いが込められています。  そして、一番小さくおっとりしているという「あいり」には、たくさんの愛を受けて育ってほしいという願いが込められているということです。  飼育員:「コツメカワウソが可愛らしい姿・動きをしていますが、可愛いの『その先』を見てほしい。今回の出産に伴い、父親『ラジャ』はどういうふうに子育てをするのか、母親『マハロ』はどうやって乳を飲ますのか、どんなふうに子どもが育っていくのかという新しい知見も手に入りました。生き物としての魅力も情報発信していきつつ、生き物としてのコツメカワウソの魅力を一緒に見つけていきたいと思います」  サンシャイン水族館は、飼育・繁殖をすることでまだ未知な部分も多いコツメカワウソの生態を伝えていき、その結果「彼らの生息環境を守る」ということにつながればと話しています。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp