https://www.youtube.com/watch?v=vSVIDUsji68

[ad]

 アメリカのスペースX社の宇宙船で地球に帰還した宇宙飛行士の野口聡一さんが会見を行い、3度の帰還のなかで「着水が圧倒的に楽」だと話しました。  宇宙飛行士・野口聡一さん:「ゆらゆらと本当に波の上に揺られてるところでやっぱり水の惑星に帰ってきたと。着水の後の柔らかさっていうのは圧倒的にスペースXは楽」  野口さんは国際宇宙ステーションでの半年余りの任務を終えて今月2日フロリダ沖の海に帰還しました。  これまでに3つの宇宙船で異なる帰還方法を体験した野口さんは、今回の「クルードラゴン」の着水の方法が最も快適だったと感想を述べました。  宇宙滞在中に56歳の誕生日を迎え、「年齢的にはまだ4回目、5回目のチャンスがあると思う」と話し、次のフライトに意欲を示しました。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp