【SDGs】日本文化のぬか漬けでフードロス解消(2021/10/12)

ぬか漬けや梅干しを手作りしていた祖母の影響を受け、幼いころから漬物好きになったぬかパパさん。
大人になり市販のぬか漬けキットを発見し、自分でやってみようと挑戦したのがぬか漬けライフのはじまり。
ぬか漬けは、美味しいうえに食材の保存も可能、さらにはクズ野菜も使えることから、フードロス対策の一助にも。
ひとりでやるよりもみんなで漬けた方が楽しいと、ぬか漬け活動を広めるぬかパパさんの思い描く未来とは?

Inspired by his grandmother who made nukazuke and umeboshi, Nukapapa developed a taste for pickles from a young age. As an adult, he found a nukazuke pickling kit at the supermarket and decided to give it a try himself. That was the beginning of his nukazuke pickling life. More than just being delicious, nukazuke makes it possible to save food and make use of vegetables that are not attractive enough for a store shelf, helping with food loss. It is more enjoyable to do it together than alone, so Nukapapa is doing his best to spread his pickling activities. What kind of future does he see?
(2021年10月11日放送 『しあわせのたね。』より)

しあわせのたね。HP
毎週月曜 深夜0時45分放送 ※一部地域を除く

#SDGs #ぬか漬け #野菜 #フードロス

コメント

  1. マジックリンT より:

    半額の賞味期限ギリギリの食品を買い占めて食中毒になりながらフードロス解決に貢献しています

タイトルとURLをコピーしました