コロナ後のビジネスチャンスは“対面ランチ”にあり(2021年10月3日)

経営学がご専門の、早稲田大学ビジネススクール、入山章栄教授にお話しを聞きます。
ワクチン接種を受けていれば、隔離期間なしに入国ができるなど、ドバイのビジネスモデルをどう見ていますか?

(入山章栄教授)
〇ドバイは観光、金融、流通の分野で世界に開かれた都市を目指す上で、万博をなんとしてもやりたいという国家戦略がある

Q.日本の段階的な制限解除についてはどう考えていますか?
〇(制限解除について)行政がリスクをとりたくないという印象がある
〇経営学に、「マイナスの方がプラスより怖い」という考え方がある。行政はよりマイナスを恐れている。
〇元の生活に、戻すべきことと戻さなくていいことがある。戻すべきは人間同士のコミュニケーション。
[テレ朝news]

コメント

  1. ぽぺてぃ より:

    まだやってるぅ〜

  2. 太郎バイク より:

    マスコミもよっぽど暇なんだな〜緊急事態宣言再発動願ってんじゃねえの?ボンクラ共!

  3. 直美保田 より:

    ワクチン接種済みなら免疫力や抵抗力が落ちて戻りません。むしろ怖いのは体内に入れられた危険な複数の感染症等の活性化とそれを周りに拡散するように遺伝子組み換えされた身体になった事。
    それが新たな問題なのです。あたかもワクチンを接種していない人が感染源のような発言は困ります。ワクチンを打ってない健康な人が被害者です。感染源になるのはワクチンを接種済みの人達です。混同しないように。安全な住み分けが可能になれば良いですね。

  4. 磯野家のタマ より:

    ドバイなんてコロナじゃなくても行けない
    庶民にはハードルが高過ぎる(涙)

  5. GAN遠藤 より:

    V字てかW字になると思うんだよなー
    これですんなり景気回復は早いんでないの

  6. 東京スカイツリー より:

    そんな夢より病床なんとかしてね

  7. machcheckory より:

    凱旋門賞で150万円勝ったので超久しぶりに対面フーゾク逝ってきます

タイトルとURLをコピーしました