“時短無視”店増加か「認証制度」形骸化のおそれも(2021年10月3日)

緊急事態宣言が半年ぶりに全面解除されて迎えた週末、宣言が緩和された観光や飲食の現場ではさっそく変化が起きていました。

▽“宣言解除”全国の観光地に変化
(佐々木一真アナウンサー)「緊急事態宣言が解除されて初めての日曜日です。横浜にあります、八景島シーパラダイスにも賑わいが戻ってきました。ここイルカショーの会場に入ることができる人数も制限が緩和されたということです」
イルカショーは、宣言中1000人の入場制限がありましたが、解除により1400人まで緩和されました。
感染対策を徹底しながら始めた秋のイベント。日常が少しずつ戻り始めていました。
「動物にふれあいたいって子どもたちの希望があって来ました」
「久しぶりに来て、子どもたちが楽しそうにしているのがすごくうれしいですね」
きょう来てみてどう?
「楽しかった!」
「(宣言中は)ずっと家で子どもと遊んだりしてたんですけど、宣言が明けたからこの機会すごく楽しく遊べて良かったです」
都道府県をまたぐ移動の自粛要請が緩和され、全国各地の観光地には、多くの人が押し寄せました。

「36度3分、ありがとうございます」
「こちらの方をご記入いただいて提出をお願いします」 
県をまたいだバスツアーも、本格的に動き始めました。
東京からおよそ240キロの中央アルプスに、いま真っ盛りの紅葉を見に行く、日帰りのバスツアーです。
感染対策のため、乗車率を70%に制限したバスは、予約で完売。
午前7時―、参加者のはやる気持ちを乗せて、新宿を出発しました。
(添乗員)「みなさんストレスたまってますよね。自粛頑張っていただいたのでちょっとじゃあ旅にでも行こうかと・・・」
しかし間もなく・・・
宣言解除と行楽シーズンが重なって20kmを超える大渋滞。これには、参加者たちも・・・
「・・・」
(添乗員)「マイカーの台数が通常の倍以上。他県のナンバーの方がすごく多かったのでやはりそういったものも原因かなと」
目的地は、標高2600mにある、
雲上の絶景スポット「千畳敷カール」。
予定を3時間以上オーバーした、午後2時過ぎ。ようやく、ロープウェイ乗り場にたどり着きました。
あいにくの曇り空ながら、目の前に広がったのは、まさに絶景。
黄色や赤に木々が色づき、折り重なっていました。
(参加者 佐藤まゆみさん)「見て、お父さん、きれい!ねぇ素晴らしい」
散策しながらも、写真を撮る手は止まりません。
(参加者 佐藤正人さん)「想像していたとおりの風景を見ることができた。まさか今日、ここに来られるとは思わなかったんで」
(参加者 佐藤まゆみさん)「ただ今年はこれ以上の旅行には行かれないとは思っています。ワクチンは打っていようとまた感染しますしね。」
この日「千畳敷カール」を訪れた観光客は、今年最多のおよそ2900人―。
しかし、今回のツアーを企画した旅行会社は、宣言が解除されたとは言え、まだ厳しい状況は続くと不安をつのらせます。
(「四季の旅」旅行予約センター長)「私どもも期待はしているところですけども、思ったほど予約が伸びている感じはせず、正直、ご旅行を控えられた期間が余りにも長いので、旅行に行かないことに慣れてきてしまったところはあると思いますね」

▽“酒解禁”の飲食店 台風接近で客足は・・・
3日、東京の新規感染者は、161人。42日連続で前の週の同じ曜日を下回りました。
宣言解除で、第三者認証を受けた店では、酒の提供が午後8時まで、営業は午後9時までできるようになりました。
2カ月半休業していた東京・鶯谷の焼き肉店。いよいよ営業再開の日を迎えましたが、注文が殺到したのか、酒の配達も大混乱。
届いたのは、開店のわずか30分前でした。
酒屋「きょうかなり忙しい。もうちょっと落ち着いていると思った、台風だから・・・」
客は戻ってきてくれるのか・・・この日、外は台風の影響で大荒れに・・・
(焼肉「ほるもんスタジアム」横川真悟代表)「(お客さん)来るかな・・・、台風でどうなるか・・・」
Q.いよいよスタートですね
「そうですね真面目に社会復帰します!」
午後5時。開店と同時に次々とお客さんが・・・。
(常連客)「久しぶりだな。『おめでとう』だよね、ここまで来るとね」
(常連客)「やるんだって駆け付けた感じです」
開店わずか1時間でほぼ満席。活気あふれる店内をみて・・・
「ありがたいですね、普通だったら来ないですよね。2カ月半も閉めてて・・・なんか久しぶりに仕事をしているのですごい動悸がします」
想定以上の客の入りに、スタッフ3人では、回らず・・・
「ごめんなさいこれガーリックレバーだったらしく・・・」
「うーんと生ホッピー?」
Q.作り方忘れちゃいました?
「はい・・・」
さらに翌日はたった2人で対応することに。
「店内はほぼ満員の状態ですが、スタッフ2人での対応となっています。」
以前は4人態勢でしたが、コロナ禍でスタッフが集まらないといいます。
店員「片付けて2番目の案内になります」
客「また来ます」
(焼肉「ほるもんスタジアム」横川真悟代表)「一番は人材ですね。圧倒的に足りないので、そこに対しての準備が出来ないと話にならない。(注文の)提供遅延、あとは席が空いているのに入店ができない・・・(お客様が)来てくれているのに対応できないのは本末転倒ですからね・・・」
スタッフを増やしたいものの、この賑わいは、いつまで続くのか・・・試行錯誤は続きます。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news]

コメント

  1. // // より:

    政府の言う事を間に受けてたら生活できない人が多いだろう。政府は補償してくれないのだから自分で何とかするしかないよ。

  2. German Democratic Republic より:

    何しようが人の勝手だろ

  3. 達朗 より:

    菅政権の人災もようやく終わりかー。
    西村の経済破壊や恫喝も終わったし、来年はいい年にしたい。

  4. マツモトヨシフミ より:

    人生はぁ。一度きり今大切に楽しんだ方がいいと思います。

  5. 頭に包丁刺した人 より:

    緊急事態宣言も形骸化してるからな

  6. マダオ より:

    国がなにもしないからしょうがない
    自分達で身を守るしかない

  7. Michael J 【2015年登録】 より:

    当たり前だろ。もう協力金制度やめろよ

タイトルとURLをコピーしました