未来を先取り“空飛ぶ乗り物”航続距離400km(2021年9月30日)

 9年後の実用化を目指す未来の乗り物を初公開しました。

 ホンダが開発中の「eVTOL」は8つのプロペラが特徴、空を飛ぶ乗り物です。

 ガスタービンで電気を作りながら飛ぶハイブリッドのため航続距離が400キロほどに伸び、都市間の移動がしやすくなります。

 2030年度中の実用化を目指します。

 また、ホンダが開発を進めている新たなロボット技術では独自のAI(人工知能)サポート機能を加え、4本の指が缶のふたを開けたり、小さなものをつかんだりすることが可能になります。

 リモートで遠い場所にあるものをつかむこともできるようになるということです。
[テレ朝news]

コメント

  1. ダーイケ より:

    どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんの可哀想なロボットを操っても、土から離れては生きられないんだよ!

  2. Takahata Junji より:

    サイバーパンクみたいになるな

  3. SONY公認 旧PSNIDmurushierago640 より:

    癖が強そうだね

  4. いちご より:

    SF近未来超未来の暮らし生活が現実になれ

  5. 山羊頭のデーモン より:

    飯塚幸三が空から降ってくるわけか…

  6. メダカのおっさん より:

    免許とかいるの?それとも無人?

  7. 山田二朗 より:

    関東上空は日本の空域じゃないんだが、そのへんはどうなるんだろうか?

  8. ねこさくら より:

    海外メーカーでは無くホンダという所が良いね!。

  9. every day journey より:

    70人以上乗れる垂直離着陸旅客機が出来れば、確実にゲームチェンジャー。MRJなんか作らず、そっち作れって。

  10. 岡山太郎 より:

    空は難しいと思うんだよなぁ
    墜落を考えると飛行可能区域はかなり狭いんじゃないかと

  11. そら豆郎 より:

    今まで、どうしても手が届かなかった背中のカユイ所に リモートで・・ ずいぶん遠かったぜぇ

  12. あく より:

    レプソル・ホンダカラーのこの飛行機つくってくれm

  13. NIKEN lexus より:

    アキュラの日本導入も近いようだし、次期クラリティもちゃんと出るとのことだし、ホンダジェットのラインナップも増えていくとのことだし、そして今日発表された3つの事柄も含め、マジでこれからのホンダが楽しみすぎる。

  14. 浮浪雲ー より:

    その内ワンコやヌコも、空を飛ぶ時代が来るのかな?

  15. ろーやん より:

    オスプレイに似てる気がする…。

  16. Bomber M より:

    アシモの開発終わってたと思ったけど、まだロボットやってたんかい。
    空飛ぶ乗り物とかロボットはベンチャーに任せないから、本業の自動車の利益率が上がらないんじゃないの?

  17. 焼き魚 より:

    へぇー。凄いね^ – ^航空法とかの縛りはどうなんだろ

  18. てけてけ より:

    さすがホンダや!あのアシモから、この発展だろ?
    ホンダの本気にはかなわないわ。

  19. ジャガイモポテト より:

    でもお高いんでしょ〜

  20. でんでん虫虫かたかたつむつむり より:

    だから……

    ヘリコプターやん❗

  21. 匿名 より:

    今のヘリコプターはエンジン止まっても墜落せんで

タイトルとURLをコピーしました