尾身氏理事長の病院がコロナ専用に、受け入れ開始(2021年9月30日)

 政府分科会の尾身茂会長が理事長を務める医療法人の病院が、新型コロナの専用病院として30日から患者の受け入れを始めることになりました。

 東京・江東区の地域医療機能推進機構・東京城東病院は国と都の要請を受け、30日までに新型コロナの軽症・中等症患者のための病床50床の準備を終えました。

 この1か月ほどで90人近くいた入院患者も転院してもらうなどの対応を進めてきました。

 JCHO東京城東病院・中馬敦院長:「実現に向けてとまどい不安は非常に大きなものでありました。通常診療に多少なりとも支障をきたすのではないかという申し訳ない気持ち。第6波が来ると思うので、それに向けてしっかり対応できるように準備したい」

 これまでは内科や外科の診療が中心だったため、30日に合わせて医師らの研修も行われてきました。

 大学病院などから専門医の派遣を受けて対応していくということです。
[テレ朝news]

コメント

  1. ひかる より:

    今更? バレたから焦ってるのか?

  2. 葱 本物の より:

    やっとかよ

  3. にんにく より:

    院長庵野秀明みたい

  4. ゆうお。 より:

    遅すぎるやろ
    金ばっか貰いやがって

  5. 匿名 より:

    新規感染者激減してからこんなこと言い出すとか、ほんま最低や

タイトルとURLをコピーしました