接待相手はNTT 平井大臣も同席 支払いは半年後(2021年9月28日)

 デジタル庁は、3回の接待を受けた審議官を懲戒処分にした問題で、接待を受けた相手がNTTだったと明らかにしました。平井デジタル大臣は2回、同席していました。

 赤石デジタル審議官は、審議官就任前の去年9月から12月にかけて事業者と3回、会食し12万円の接待を受けたとして、今月24日に減給の懲戒処分が発表されました。

 デジタル庁は27日、接待相手は3回ともNTTで、2回の会食にはNTTの澤田社長、平井大臣、デジタル庁の向井参与が同席したと明らかにしました。

 今年6月、週刊文春から接待問題の取材があった日、平井大臣は3人分の割り勘分の会食費用22万円を払ったということです。
[テレ朝news]

コメント

  1. なるなる より:

    接待も談合もそうだけど昔は普通にあったので個人的には悪いとは思わない……。

  2. よろしくない より:

    デジタル庁()
    ただの利権団体

  3. 牛丼 より:

    俺も接待されて、タダ飯食べたい

  4. 国内稼働率No.1!!信頼と実績のペロリスト より:

    何処で接待したん?
    マクド?吉野家?間取って松屋?

  5. ゲボ愛子 より:

    死刑はさすがに厳しすぎるやろ

  6. ライラックスレース より:

    刑務所へ行け。

  7. 浮浪雲ー より:

    会食なんて『ドコ』で『モ』ヤッるけど?
    会食すら招かれない方が問題だろ?

  8. あいりす/I_ris_ より:

    通信事業の大元ってそんなに数ないし新興するにしても入る余地はほぼほぼない
    それなのにたかが12万円の接待で神経質になりすぎでは
    それよりもっと注視するべき事案を日本は抱えすぎている

  9. @SJIM-Company SUN RISE より:

    ほな他の企業とも接待しましょか?
    TOYOTA、日興、住友etc…..

    まぁこんなご時世なんでリモートでやって欲しいけどね、企業も企業や、もっと会社を守るよう慎重にやってくれや。

    マスコミは付け入るからよ

  10. K4 -Japan First Party- より:

    デジタル庁なんてものは最初から終わってます。
    LINEやtiktokのようなスパイアプリの使用を行政が推奨している時点で情報管理に対する危機感はゼロだし、
    裁判所から賠償命令を受けたにもかかわらず賠償金を支払わずに逃げ回っているひろゆきに助言をしてもらったり、
    USBが何なのかも知らない人間が居たりと、こんな知識も危機感もない連中に何の仕事ができるのよ。

  11. トラアリ より:

    マスコミはこの人を是が非でも引き摺り下ろしたいみたい

  12. TaKe より:

    リモートでやれよ。

  13. DOVIID より:

    ポルトガル人が1543年に初めて日本と接触した後、南蛮貿易で大規模な奴隷貿易が発展しました。ポルトガルの貿易の1つには、ポルトガル自体を含む海外のさまざまな場所に販売した日本人のポルトガル人による購入が含まれ、南蛮貿易が存在していました。 16世紀から17世紀を通して。多くの文書は、日本人の奴隷化に対する抗議とともに大規模な奴隷貿易に言及しています。 1555年に教会が指摘したように、日本の奴隷は彼らの国で最初にヨーロッパに到着したと考えられており、ポルトガル人は性的な目的でポルトガルに連れて来るために多数の日本の奴隷の女の子を購入しました。ポルトガル語での奴隷貿易が大幅に拡大して以来、カトリックの改宗に悪影響を及ぼしたため、彼は1571年にそれを禁止するよう命じた。ガスパール・フェルナンデス、ミゲル、ベンチュラという16世紀の3人の日本人奴隷がメキシコに到着したという記録によると、彼らは日本のポルトガル人奴隷貿易業者によって購入され、マニラに運ばれ、所有者のペレスによってメキシコに送られました。
    数万人以上の日本人、特に女性が奴隷として売られた。ポルトガル人の訪問者は日本で奴隷制に従事することが多く、時には南アジアとアフリカの乗組員がマカオや東南アジア、アメリカ大陸、そしてゴアに日本の奴隷と商人のコミュニティがあったインドの他のポルトガルの植民地に連れて行かれました。 17世紀初頭までに、その多くは売春婦になりました。奴隷にされた日本人女性は、1598年の文書でポルトガルのイエズス会のルイス・セルケイラが言及したように、日本で取引されているポルトガルの船に乗るヨーロッパの対応者と一緒に、アフリカの黒人乗組員にコンキュバインとして売られることさえありました。 秀吉はこの奴隷貿易についてポルトガル人とイエズス会を非難し、結果としてキリスト教徒の改宗を禁止した。しかし、歴史家は、特にポルトガル人による性的目的での日本人女性の購入に関して、反ポルトガルのプロパガンダが日本人によって積極的に促進されたと指摘している。
    南蛮貿易で日本に来ていたポルトガル人の中にも1492年以降、異端審問を逃れてきたセファルディム系の人たちがいたと思いますが日本には悲しい歴史がありました。大村純忠がカソリックに回収してポルトギーズの奴隷と自らなりカソリックに回収しない大和民族を次々にポルトガル船に引き渡した歴史があります。弾丸一つに対して50人ほどの女性、処女はポルトガル人の奴隷として売られていたほどです。モザンビークの黒人奴隷がポルトガル船に載せられて日本に到着した際にポルトガル人はモザンビークからの黒人奴隷に日本人奴隷を買う許可を与えていたのでモザンビークの黒人奴隷が性的欲望に飢えていたのを切っ掛けに日本人奴隷、(主に女性、処女)は売り飛ばされていた現実があったことに信じられないほどの驚きがありました。日本の教科書に載せられなかった現実な真実です。その数は何千万人とも言われています。ユダヤ教では奴隷制度がありましたが現在の奴隷密度とは異なっていました。でもポルトガル人の奴隷制度は厳しかったと歴史が伝えています。まあ、この事も歴史の一部として心に残しておいて下さい。先程説明にありますようにモザンビークの黒人奴隷が性的欲望の為に大和民族の女性、処女を買っていたことについては歴史上信じられない驚きがあります。弥助というモザンビーク黒人奴隷が日本の将軍になったのはご存知でしょうか❓約四十万人以上との情報。弾丸一つに50人ほどの女性、処女はポルトガル船に載せられて連れて来られたモザンビークの黒人奴隷が性的欲望の為に処女を使用したとの事も発覚している。ポルトガル人奴隷となった日本人は未だに奴隷であり自由の身になっても奴隷であることは変わりない。奴隷の主である者が解放し、証明を提出しない限り奴隷である。日本人の奴隷たちはヨーロッパに流れ着いた最初の日本人であると考えられており、1555年の教会の記録によれば、ポルトガル人は多数の日本人の奴隷の少女を買い取り、性的な目的でポルトガルに連れ帰っていた。ポルトガルの奴隷貿易で数十万人以上の日本人、特に故郷から遠く離れた異国で働く水夫等を懐柔するための奴隷として女性が売られたとされている。日本人の女性奴隷は、日本で交易を行うポルトガル船で働くヨーロッパ人水夫だけでなく、黒人水夫に対しても、妾として売られていた、とポルトガル人イエズス会士ルイス・セルケイラ (Luís Cerqueira) が1598年に書かれた文書で述べている。ポルトガル人がアフリカ土人 ー ポルトガル系モザンビーク黒人の奴隷を所有し、その黒人奴隷が日本人の奴隷を所有するというように、自ら他の奴隷の奴隷になった者もいたという。
    掘り下げが、もうひとつな記事。九州キリシタン大名の多くが、火薬欲しさの改宗で、その代金として、領民、特に高く売れる若い女性を、キリシタンがらみの奴隷商人に積極的に売っていたのが、事実でしょう。
    同時代に、ローマ法皇を訪れた、天正少年施設団によると、道中インドや東南アジア、ヨーロッパ各国に、あまりに日本人の奴隷にあふれ、虐げられている事実に驚愕したとあります。その数一説には、数十万人とも言われ、メキシコや、アルゼンチンにも達したと言われています。とすると、九州でのキリシタン狩りの、通常日本人ではありえない残酷な拷問などの弾圧も、奴隷売買=キリシタンの、民衆の深い憎悪がベースにあるとすると、自然です。秀吉による禁教は、むろんこのためでしょう。明治維新の西欧化政策に加え、GHQのウォーギルティプログラムにより、キリスト教による東洋の植民地支配の事実を封じるため、こうした史実はタブー視され、原資料、二次文献も、焚書されているのが、実情かと思います。

  14. ドライブスポット より:

    たかが12万で

  15. World Backpacker Travel 気まぐれ旅行 より:

    大手企業から接待なんてあって当然なのに。献金はどうなの❓

  16. 北村ゆか より:

    ん?接待って違法なの?

  17. 匿名 より:

    真っ黒な政党やな

タイトルとURLをコピーしました