新たに承認「ソトロビマブ」コロナ軽・中等症が対象(2021年9月27日)

 厚生労働省は新型コロナの軽症や中等症の患者を対象とした治療薬「ソトロビマブ」を特例承認しました。国内で承認された治療薬は5例目です。

 田村厚労大臣:「比較的変異しづらい部分に対して効果・影響を与えて重症化を防ぐ。これから色んな変化があるとしても比較的治療薬として有効ではないかと期待している」

 承認された「ソトロビマブ」はイギリスのグラクソ・スミスクライン社などが開発したウイルスの働きを抑える点滴薬です。

 新型コロナの軽症や中等症の患者が対象で、海外の治験では入院や死亡のリスクを8割減らす効果が確認されました。

 軽症者向けの治療薬としては、抗体カクテル療法で使われる「ロナプリーブ」に続き2例目です。

 田村大臣は「当面は短期入院で使用し、安全性が確認できれば往診でも使えるようにしたい」としています。
[テレ朝news]

コメント

  1. 連合戦士プリオ切り抜き より:

    1コメ

タイトルとURLをコピーしました