【スカッと】強烈なムラ社会に馴染めず小・中と苛烈ないじめを受けた【2chスレゆっくり解説】【5本立て】

概要

うさぎです。どうもうさぎです。

皆さんからのコメントいつも読ませていただいてます。
※返事できなくてごめんなさい

おすすめのスレがありましたら教えてください。

チャンネル登録、高評価お願いします!

☆チャンネルの動画における教育的価値と独自性☆
このチャンネルでは「人間関係におけるトラブルと解決方法」をテーマに扱っております。
実際、現実にあった事例を元に、過激な表現を避けつつも分かりやすい台本を作成し、「いらすとや」と「ゆっくりボイス」などを使用した特別な世界観を特徴としたオリジナルのアニメーションを製作しています。
事例の紹介だけでなく、動画内容に関連した知識の解説を行うことで、トラブルを未然に防ぐ方法や対応策などの教育的価値を付与しております。

☆動画に使われているフリー素材の複数回の使用(繰り返し、再利用)について☆
このチャンネルではフリー素材「いらすとや」のイラストを、動画内の登場キャラクターとして使用しています。
動画の性質で、仕方なく同じイラストを繰り返し使用しているシーンがございますが、そのシーンに最適なイラストをその都度選択して使用しております。
またフリー素材という性質上、他チャンネルでも使用されていますが、再利用をしているわけではございません。

使用BGM:Vace Music Library
https://vmp-vml.com/

奥様が墓場まで持っていく黒い過去【黒の5】

#スカッと #2ちゃんねる #ゆっくり解説

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. Elis V より:

    一話目は単に「後ろめたさ」からくる不幸が自らの何等かのミスからそれが「呪い」と勝手に認識した結果だろ?イッチが何も感じないのはもう関心が無くなっただけだと思うだから怪我しようが亡くなろうが「ふぅ~ん」としか思えないだけだと思う

  2. さすらいのクリスチャン より:

    人間、生きていれば不幸と思うこともあるだろうけど。その時にイッチのスピーチを鮮烈に思い出しちゃうだろうね、身に覚えがあれば。

  3. マリー より:

    小学生の時、同級生の女が同じクラスの男の子を虐め倒してた。「外国人‼︎外国人‼︎」って。その男の子は西洋の美少年のような外見だった。学校からの帰り道にも「外国人‼︎」と騒いで虐めてた。でも、次の年には打って変わって「好き‼︎」と迫り倒していたwその子は逃げまくってたよ。性格の悪い女で、人の悪口しか言わなかった。絶対に落ちぶれていると思ってる。

  4. F K より:

    1話目は逆引き寄せになったな。
    思い当る節があって、自分自身で悪い事ばかりを想像し引き寄せたんだろうな

  5. Aster Lily より:

    呪いとは要するに因果応報。そして因果応報とは加害者が不幸になることではなく不幸になっても同情されない事なんですよ。

  6. WTR より:

    そんな閉鎖的で陰湿なところで問題ある人間ばかりがメンツも変わらず暮らす地域なら、不幸も多いだろうよ。教師の娘なんかは嫁いで外に出ていって自分の地元の常識主張でもしてキチガイ扱いされて勝手にぶっ壊れたのでは?と思う

  7. 清山外道 より:

    呪いの一番効果的なのは、相手に呪われていることを認識させる
    今では、回避する方法が忘れられているので呪いに怯える

  8. OKASHIN より:

    2:52こんなクズ共のツケを払わさられた小さい命やクソ担任の娘や旦那が可哀想。

  9. netaLou 300nen より:

    呪いは有るらしい。丑の刻参りは呪われている事を当の本人が知る事が重要だそうだ。「禍福は糾える縄の如し」と言うように人生に災禍は必ず訪れる。それが呪いのせいだと思うことで心理的に負のスパイラルに入って全てが不幸と思えてくるらしい。「塞翁が馬」は不運と思った事が幸運に繋がり、幸運と思った事が不運の原因になっている。

  10. グラスハート より:

    イジメをした奴は悲惨な死に方をすれば良い!

  11. 鍵太郎 より:

    『呪(しゅ)』とは口に出すと相手に付くらしい(夢枕獏『陰陽師』よりうろ覚え)です。

    比重の差は有りますが生きてれば不幸の一つや二つ必ずありますし『呪われたかも…』と思うだけで負の連鎖は止まらなくなりますからね…まあ、いじめた奴が悪い、因果応報。

  12. 哲也 より:

    1つ目のはイッチとイッチ家族以外は祟り・呪いに会うのは当然と言われそうだ

  13. 123 monchi より:

    1話目、イッチと関係ないところで、昭和50年代の「別冊コロコロコミック」に掲載された槙村しんじのホラー漫画「地獄の招待状」の内村君のように、こいつらに自殺に追い込まれた人物の霊が呪ってたのかも知れん。

タイトルとURLをコピーしました