医者に「お子さんの体が危険です。K察に連絡します」と言われた→私に子供はいないと伝えると…【2ch修羅場・ゆっくり解説】

概要

今回は、周りに散々迷惑をかけて自業自得の罰を受けた泥ママ・キチママのお話。
とあるママ友から標的にされるイッチ。
そしてあるとき、とんでもないものを発見してしまい…

▼チャンネルの動画における教育的価値と独自性▼
このチャンネルでは、「人間同士の問題とその解決方法」に焦点をあてています。
実際に起こった事例をもとに、視聴者にわかりやすいシナリオを作成し、「ゆっくりボイス」を使ったオリジナルアニメーションを制作しています。
トラブルが発生した経緯や問題点を独自の視点と解説でわかりやすく説明することで、人間関係のトラブルに適切に対処するための教育的価値を提供するチャンネルです。
編集は勿論、シナリオも全てオリジナル制作のものですので繰り返しのコンテンツではございません。

▼動画に使われているフリー素材の複数回の使用(繰り返し、再利用)について▼
本チャンネルの動画では、フリー素材のイラストを動画内の登場キャラクターとして複数使用しています。
動画の性質上、同じイラストを使用せざるを得ないシーンもありますが、シーンごとに適切なイラストを選択し、使用しています。
フリー素材という性質上、他チャンネルで使用されているイラストもありますが、再利用をしていることはございません。

▼素材▼
・イラストAC様
 https://www.ac-illust.com/
・Pixabay様
 https://pixabay.com/

▼効果音▼
・OtoLogic様
 https://otologic.jp/
・効果音ラボ様
 https://soundeffect-lab.info/

▼BGM▼
・魔王魂様
 https://maou.audio/
・甘茶の音楽工房様
 https://amachamusic.chagasi.com/

#2ch #ゆっくり解説 #2chは人の本性を見る

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. ズンベさん より:

    イッチさんは、余計な事に首を突っ込む、地雷女だと思う。 そのくせ、トラブルが起きると考える事を放棄する、無責任女でも有る。

  2. uni uni より:

    これで裁判所か調停員たちが責任問題にならない日本の精度が問題。つか、キチがデフォの社会かな

  3. ポコちゃん チビ より:

    A息子くんが危機一髪で助けられて 本当に良かった!
    イッチはA息子くんの命だけではなく、望まずとも結果として、Aママと彼氏(元間男)をも○人の罪になる前に助けてしまったわけだけどね。

  4. 曇天丸 より:

    調停委員の人たちにこの事実を知ってもらった上で自分たちの判断が間違っていたことを詫びてほしい、切実に

  5. 暇柱 より:

    最初に元奥さんに慰謝料請求しなかったのはともかく、浮気相手にしなかったのは分からない。
    その時点で請求してれば浮気相手とは関係切れただろうから、多少は未来が変わったかも。

  6. 元鈴 より:

    なんかこの人頼りないって言うか、旦那さんがいないと何にも解決できなさそう
    そのくせに首突っ込むタイプに見えてイライラする
    自分に子供できたら大変そう

  7. 櫻下景之 より:

    ヤブ医者あるある:思い込みが強く確認しない

  8. yuhu より:

    ほんまに、妻有責の離婚にも関わらず、親権は母親優先になる体制は改めろ!と思うわ。

  9. トシ より:

    A息子くんが助かって良かった。
    Aママと彼氏は児童虐待で
    逮捕されて刑務所へ行け!

  10. おかんあけたま より:

    預かる義理は無い、もうじき出掛けるで良いやろ!

  11. Kiyoshi Miura より:

    Aママと彼氏は最後は

    「金の切れ目が縁の切れ目」

    になってしまったみたい。

  12. のまねこEX より:

    その場にいたら視界が真っ赤になるくらいブチ切れてたと思う。
    自分のお腹から生まれてきた命を愛せない母親など二度と子供を求めるな!人を愛するんじゃねえ!
    この悪鬼めが!

  13. ヨシカズ スズキ より:

    バーガーショップで姪ちゃん預かってるって、勘違いしたことから始まってる気がする

  14. れん、 より:

    なんで浮気をした側なのに母親に親権が行くんだろうね。
    親よりも女を取った奴なのにさ。

  15. アルアル より:

    思ってた以上に深刻すぎる

タイトルとURLをコピーしました