【2ch歴史スレ】ヒトラーの青春時代をわかりやすく物語風に話していくぞww【ゆっくり解説】

概要

良くも悪くも凄い人だww

おすすめの動画たち↓
求人広告「奇声をあげて威嚇するだけの簡単なお仕事です」

部室にめちゃくちゃ怖い女がきたんだが

借金取り立て屋の女が来たんだがなぜか照れている件
https://youtu.be/v-ZWOY4KDIY

#2ch #2ちゃんねる #ゆっくり解説

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. 我が名はとムチ! より:

    こういう話を見るとやっぱり欧米諸国はドイツを追い詰め過ぎたんやなぁって

  2. B L より:

    どんなに最悪な独裁者にも、若い時、無力な時、青春の時があったんだな。
    スターリンは警官隊とのドンパチや民衆扇動の汚れ仕事に汗を流し、毛沢東はトップに立つまでは共産党内で冷遇され、国民党との抗争で妻を失った。彼らの行いは指弾されて当然だが、誰もが人間として生を受け、人間として死んでいった。人を超えた存在、神や悪魔になることは最後までなかった。
    プーチンはごく普通の家庭に生まれながら、スパイになることを夢見て本当に夢を叶えたという。いつか彼の青春についても語られる時が来るのだろうな。

  3. SDFオリンパス・モンス より:

    正直この動画内容(しかも割と肝心なとこ)飛ばしまくってるから、ちゃんと全部読みたい人は元スレどうぞ
    おんjだし今も残ってる

  4. ラブクラ より:

    このスレは名作だよなぁ。

  5. Hilfeed Zugstein より:

    これ名作。

  6. Airふーん より:

    筆記・伝聞等は大なり小なり脚色や誇張がされるのが人の性である以上、その時代に生きていた張本人に伺い尋ねるしか正真正銘の事実を知ることは出来ないからこそ、憶測や陰謀論が後を絶えない…只今視聴した上で分かったことは環境・時代風景・人間関係等それらの要因によって人の真価が問われるのだと浅はかながら思い至った。

    家貧しくして孝子顕れ、世乱れて忠臣を識る…
    ヒトラーは世間体では独裁者の筆頭として名を挙げられるがそれ以上に愛国心があっての賜物なんだと云うこともまた事実。

  7. ねいびぃまる より:

    2chのこういうスレまとめてくれるの嬉しい あんまスレ見ないし
    というかヒトラーの青春って美大に落ち
    こと意外なんも知らんかったし()

  8. ただのまさき より:

    ヒトラーのユダヤ人やスラブ系へのやり方は断じて許されることではない。でも全世界を支配しようとしたとか大袈裟にしすぎるのはどうかと思うわ。少なくともイギリスはドイツよりはるかにエグい歴史を持つ国や。イギリスは歴史的に大陸に大勢力が生まれないように牽制していた。そのイギリスの許容範囲を超えてしまったヒトラーの読みは甘かった。

  9. つねつね より:

    たまに現れるなんJの天才やん
    また懐かしい物を

  10. 中野フォンテ より:

    めちゃくちゃ面白かった。でもタヒに際が唐突w

  11. 苅谷司 より:

    ナチスのヒトラーを演じ続けることを強いられた独りの男の青春時代
    少し泣けました。

  12. 粗茶 より:

    どんなに悪いことをしても人はどこまでいっても人なんだなっておもった

  13. G&W HYM より:

    12:02「ヒトラーは母を愛していた」この事に関連する話を一つ。
    ヒトラーの母は後に乳癌で死んでしまうのだが、その時に必死で看病し、彼女を救おうとした一人の医師がいた。その医師はユダヤ人であった。後にホロコーストを行いユダヤ人を迫害して行くヒトラー。しかし、彼もこの医師には深く感謝しており、迫害を行う中でこの医師だけは迫害しなかった。オーストリア併合を行った時にはこの医師を保護し、世界大戦が始まり本格的に迫害を行い始めた時にはこの医師にアメリカ亡命をも認め(ヒトラー自身が)、最終的にアメリカに渡った。悪魔とも言われる彼だが、やはり彼も人間であったのだ。

  14. かさなか より:

    クオリティ高すぎやろ、想像力すげーな

  15. お館さま より:

    画家として成功してたら、歴史は違ってた 
    かもしれないって聞いたことあります

  16. ナタ・デ・ココ より:

    ゆたぼん…

  17. 山田うらん より:

    史上最凶のヒトラーもクビツェクにとってはただの親友やったんやな

  18. カカポ より:

    3

  19. 01 01 より:

    わいやで

  20. モクの大樹 より:

タイトルとURLをコピーしました