【2ch 非常識スレ】4年にわたって総額1000万以上弟嫁が金抜いていたので社会的に抹殺したw【ゆっくり解説】

概要

このチャンネルでは、クスっと笑える2chスレを紹介していくよ。

スレ内容をもとにこのチャンネルオリジナルコンテンツを作成して、
皆に楽しんでもらえるコンテンツをお届けします♪

オススメのスレやぜひ紹介して欲しいスレがあれば、
コメント欄で教えてね!

チャンネル登録はこちらから /
https://www.youtube.com/channel/UCdQjq1vvxiDSGlSjTi4QjzA

【オススメの再生リスト】

衝撃的すぎる非常識なスレはこちら /

クスっと笑ってしまう面白スレはこちら/

ジョジョにハマりすぎたイッチのスレはこちら /

*当チャンネルは、5ちゃんねるの使用許諾へ申請済みとなります。

#ゆっくり解説 #2chスレ #2ちゃんねる #面白スレ #面白いスレ #伝説のスレ #おもしろ #面白動画

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. pochipochi41 より:

    資産家なわりに世間知らずな感じの投稿者だなぁと思ったら宝くじ成金さんで納得した。ビルを建てて身内を住まわすって設定の話は多いけど元は何だろう?どれもその身内とトラブルになってる。親はともかく、兄弟は別家庭なんだから独立意識を持たせるほうが相手のためなんじゃないかと思うなぁ。

  2. momo ume より:

    イッチ(相談主)の方はある程度納得できる展開になりそうなら
    最後のスレ民の方がより可哀想かも

  3. ゆっハム より:

    4:21
    9桁越えなら1億以上じゃない?

  4. 荒ぶるぽて より:

    田舎とか結構他人でも引き出せちゃうからダメだよねー

  5. 有林 より:

    貸金庫を借りられるだけの預金はあるだろうに。

  6. チベット若山 より:

    脱糞しないから有能弁護士

  7. エモ凄ヤギ史 より:

    これはなんとも言えないな

  8. 一酸化二水素 より:

    善人が感じる罪悪感が、悪党をのさばらせてしまうのです。

  9. 櫻下景之 より:

    サムネのタイトルですが、「ワイの金を弟嫁が散財してた」の方が違和感がないと思います。
     格助詞である「を」と「で」の僅かな違いですが、「で」を使うには「ワイの金で弟嫁が豪遊してた」としたほうが自然かと思います。
      なんて、どちらでも良い事をコメントしてみたりする。

  10. 七輪次郎 より:

    簡単な解決方法がある。
    悪いと思ってる弟に、嫁とその両親に兄受取の多額の死亡保険に加入させて…後は適当なところで保険金になってもらうように弟に言えはいい。
    当然、弟の脂肪保険も兄受取にしておくのを忘れないように…
    うん、保険は大事だね(笑

  11. さんさん より:

    字が小さくて読みにくい

  12. Palovick Josephina より:

    身内でも変な奴いると人生どん底だよな

  13. Palovick Josephina より:

    弟嫁詐欺師か?!

  14. hk より:

    昔は兄弟どうしなら借金は年金で払い信用組合の職員は個人情報保護で知らされないなんて本当にあったけど、

  15. Maple より:

    ほんとに関係ないんだけど被害者の人の声が度々変わってるように聞こえる

  16. 鶴亀屋本店 より:

    なるほど、一番現実的な解決策というか落としどころだなと思う

  17. ゼロの聖典 より:

    銀行から金借りて当てにならない家賃収入って・・・銀行に騙されてる気が

  18. 坂本真男 より:

    しかし主人公メチャクチャ特殊な状況の生活してないか?8階建ての建物に住んでいて家族にタダでかして、しかも年に数ヶ月放浪出来るって不動産で不労所得がメチャクチャあるのかなぁ

  19. おさやまゆきつぐ より:

    弟嫁、離婚させてAVか風俗に売ったれ。

  20. Yam Tom より:

    兄に貸した100万もう10年以上もかえってきてないけど、家族相手でも金貸す貸さないはちゃんと考えた方がいいよ
    私の兄は身内の物は好きにできると思ってる節あるからどうしようもないね
    使ってない原付も貸したけど数年後いまどうしてる?と聞いたら捨てたとか言ってるし、まあ売ったんやろけど
    基本的に身内って色々責めずらいのもあるから(母親は兄は大事に思ってるので)もう憎悪しかないから今は絶縁くらいの気持ちやけどね

タイトルとURLをコピーしました