【2ch衝撃的な体験】生前は寡黙で空気のような存在だった義父。そんな義父の本当の姿…【ゆっくり】

概要

今回は、とある家族のお話です。

元スレ:https://toki.5ch.net/test/read.cgi/ms/1311935700/

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. たくみ より:

    既読のお話ですが、本当にイラストが入ると違う、イメージ通りでまた泣いた…orz
    個人的には、ラストの「孫の手の画」お見通しの様な背中に器量を感じますね。

  2. kino obi より:

    かっっっっっっこよ!!!!!

  3. curry より:

    忘れなければずっと見守って下さいます

  4. しょう より:

    男は女子供を死んでも守らねばならんと思うが、死んだ後でも守るとは男の中の男

  5. POTATO より:

    空気は生きるのに必要な物だもんね

  6. Y K より:

    空気とは関わった人の心にスッと入りこむ澄み切った空気の人ということであったか

  7. tortoiseshell cat より:

    人は2度死ぬ。
    1度目は肉体が亡くなった時。
    2度目は人々の記憶から忘れられた時。

    このウトさんは長く生き続けるでしょう。みんなの記憶の中で。笑顔で。

  8. parakelususu佳樹 より:

    このスレだけでも紙に残して息子さんに家宝として持たせてやって欲しいわ

  9. 田中りん より:

    良い話みたいに占めてるけど、ウトはめちゃくちゃできた人だけど、報告者はそれを理解せずに悪態ついてた糞じゃん

  10. チャタロー より:

    阪神大震災の数ヶ月後のある日
    自宅に
    おばあさんの声で
    「神戸の〇〇といいます、〇〇さん(祖母名)いらっしゃいますか?」と電話があった。
    祖母は震災の数年前に亡くなっていたし、若い時関西の方で働いていたという話は聞いていたが、祖母の生前中には一度も聞いた事のない名前だった。
    祖母が数年前に亡くなった事を伝えると
    「えぇ…そうですか。」とガチャ切り

    しばらくすると母が仕事から帰ってきたので話をしたら、
    冷めたような怒りも混ざったような表情で
    「おばあちゃん、生前にその人に色々してあげてたみたいだけど…お礼の言葉もなかったみたいよ。なにを今さら…生きてるうちに連絡も寄越さないで…。」と言っていたのを思い出した。

  11. とりうさギ より:

    息子にも伝えてあげられていればいいねぇ。

  12. さすらいのクリスチャン より:

    素敵なエピソード。
    これを機に主や息子さんが、備えの大切さを伝えていく。ぼくらも。

  13. おれおれ より:

    サマーウォーズのおばあちゃんみたい

  14. santa muerte より:

    かっこいいな、

  15. まにゅまにゅ より:

    ウトさんすごいなあ・・・

  16. 鮭新巻 より:

    世の中口ばかりの「いざ!」が来た時にはgkbrするばっかりの輩が増えたが、口で語らず背中で語る、そんな素晴らしい日本男児は増えたのだろうか?減ったんだろな

  17. nyan toto より:

    なんて素晴らしい!!✨✨
    徳の高い人ですなぁ…なんだか昨今は目立つ派手な行いをした人が注目を集めるけど、地味だけど実直に生きてる人柄は、なんの才能もない私のような人間に生きる指針を与えてくれたようでジ~ンとした。

  18. ギンタ。 より:

    居なくなって大切って気づかされる人って大抵嫌ってる人なんだな。生きてる間に恩返ししてくるわ。って思う内容。

  19. もぎゅ より:

    孫をトラウマにさせず、津波がきたら逃げるものだ!と楽しく教えたんだよね、めちゃくちゃすごいな

タイトルとURLをコピーしました