【2ch怖い話】イッポカシ【恐怖ランクA】

230回目の投稿です。ええー、そっち(;’∀’)ってなる話

229回目の話【パンデミック】

231回目の話【忌箱】

『さぶちゃんねる』
https://www.youtube.com/channel/UCUq4qyhBPkzvWyg6PqRn43A

『Twitter』

ながら用#睡眠用#休日用

コメント

  1. ヒュウガ より:

    こんなイッチみたいに、空手を長い事やってるから~等と自然を舐めた傲慢不遜なヤツが、結果自然にもヒトにも大迷惑を掛けるんだよ。
    クズが。
    俺が村のお爺さんなら助けないかもな。

  2. サザエさんさ迷える より:

    最初にヒグマの生息地に踏み込んだイッチが全部悪い

  3. 割と落ちcom より:

    ウェンぺがその発音でいいなら『悪い人』って意味だよなぁ

  4. 柴犬 より:

    思い出した「彼女の事」の時点で、同情心がスッと薄れていく小者なワイ

  5. やざゆう より:

    イッポカシが怖いどころか優しすぎて泣いた。
    せめて会話ができていたらイッポカシに対して失礼なことせずにすんだよな

  6. かつてゴリラと呼ばれた男 より:

    シシノケの画像一瞬デビル大蛇かと思った

  7. monarizaoverdrive より:

    ヒグマに襲われ、困ってる絶体絶命のイッチ。
    イッポカシがヒグマを追い払う。
    何処から来たの?と聞いてくる、フレンドリーな態度。

    姿を見せると驚かせてしまうから、嫌われてしまうかもしれない…からと
    触覚の先の眼だけ出して。
    気遣い、気配りまでしてくれてる優しいイッポカシ。

    失礼な言い方をして、イッポカシが警戒し始める。
    『…悪い人なの?』確かめるまで攻撃はしない。

    悪い人なの?と聞かれて
    認めるかのように『ごめんなさい』連呼してたかと思うと、鉈を持って立ち向かってしまうイッチ。

    鉈を持って立ち上がったイッチを見て、
    それで私を斬るの?と聞いて確かめようとするイッポカシ。
    絶対に自分から手を出さないイッポカシ…。

    それなのにイッチは触覚が【くの字】に折れ曲がる形で鉈を振るってしまう。
    激痛に悲鳴をあげながら
    『ウェンぺ(悪い人)は◯す!』と呪文のように連呼し始めるイッポカシ。
    自分が人だった頃に命を奪われた時の悲しみを思い出してしまった。

    完全にイッチが悪い。
    何度もコミュニケーションを取ろうとしてくれたイッポカシに
    アイヌ語が分からないのは仕方がないにしても
    ヒグマから救ってもらったのに…恩を仇で返した、危害を与えてしまった。

    周辺の集落に対しても警戒するだろうし
    今後、人間に対して善悪を確かめる前に…
    今回の件でイッポカシも人間を信じられず、怖いから襲ってくるかも知れない。

    イッチは本当に愚か者。
    空手をやってたなら、技や肉体の前に心を磨くべきだった。
    黒帯もらっても心が弱く汚く黒いのでは無意味ですよね。

    北海道を車で結婚前の彼女と婚前旅行で
    1ヶ月近くテント旅行した際に…謎の生物を海岸で見た事があります。
    夜釣りをしてニシンを釣り上げ
    たった1匹だし、料理するのも面倒で
    朝か昼に起きたら、煮込んで愛犬の餌の素材にしようかと、テントの上に乗せて寝た。
    日が昇り、明るさと暑さに目を覚ますと…テントの上に何か乗ってニシンを食べてる。

    ヤマアラシとウミケムシを足して2で割ったような、完全にUMA、謎の生物でした。
    長く硬そうな大量の毛をキャシャカシャと擦りながら、動く。
    砂浜を潜ったり、子ウサギぐらいのスピードで俊敏に駆け抜け、ジャンプもできる。
    北海道に住む友人やネットで調べても出てきません、
    そんな変な生き物…知らない、聞いた事もない。との返答ばかりでした。

    北海道は本当に大自然と人智を超えた存在、太古の神々が居てもおかしくない雄大な自然、
    人間がちっぽけに感じられる素晴らしい大地でした。
    6月なのに、山に登り走ると雪が残ってたし。

  8. tystksm tystksm より:

    結局は人が恐れて迫害するから、本来良い存在であったモノも悪くなってしまう。
    なんか、他の事にも通じる話ですね。

  9. みぐみぐ より:

    私もヒグマの巣穴?のた打ち回った跡?のようなものを小沢を上っている時に見たことがありますが、マジで一瞬凍りつくんですよねw足跡見るくらいならまだマシですが…。

  10. ソニックガンナー より:

    シシノケの人亡くなったのマジ?

  11. 灰原モモ より:

    シシノケ?アガリビト??
    もう頭ん中はシシノケしか思い描けん。

  12. ディレート より:

    ああ、毛虫って聞いた時にシシノケ思い出したがやっぱり名前出たか
    でもあっちは守り神的な話はなかったはずだし、また別物かな

  13. だいまろ大将軍 より:

    ペロンペロン言うとこで耐えられんと吹き出してもうた。やられました。

  14. 平仲徹 より:

    そりゃあね……せっかく助けてくれたのに攻撃されれば怒られるわなぁ……敵意なかったなら様子見するなり、食料分けるなりするのが普通なのに……世の中熊に助けられた人も居て、その人だって持ち物の食べ物を分けて何事も無く下山したとかって話もあるんだからなぁ……このイッチは思慮が足らんね。

  15. まなち邸の暮らし より:

    アイヌっぽい発音の言葉だね。
    ウィンペ?ウエンペ、意味なんだったっけなぁ
    思い出せない( ´•_•。)

  16. 赤ちゃん より:

    バンザイした瞬間に熊が逃げたってトコですぐ違うモノから熊は逃げたのわかった。守ってくれる存在でもあまりの異型に怖くなりますよね。

  17. チエ 竹本 より:

    ふと、ヒグマが逃げて行ったのは、主の後ろに「イッポカシ」がいて守ってくれたのではないか・・と思いました。イッポカシに同情します。何も悪い事してないのに・・

タイトルとURLをコピーしました