【2ch怖いスレ】被差別部落を追放された男の末路【ゆっくり解説】

【2ch怖いスレ】被差別部落を追放された男の末路【ゆっくり解説】

1.被差別部落を追放された男の末路
2.親父が山に行かない理由

■おすすめ動画
https://bit.ly/3vF5CEh

■【巣くうものシリーズ】ヤバイモノを背負っている友人Bの話
https://bit.ly/3oYyx4W

#2ちゃんねる #2ch #2ch怖いスレ#怖い話

コメント

  1. 安芸 より:

    ここは部落差別絡みの話がちょこちょこ出てくるけど「お前らに家系図なんて要らん」と燃やされたり結婚を反対されたり結婚しても「同じ墓に入れない」とか容赦なく言われたそうです。役場が無神経な意識調査のアンケート配った時は父が私には見せるなって言って怒ったとか…。同じ日本人でも何も悪い事してないのに差別されてる人達がいまだに居る歴史を学び何が悪かったか理解して欲しいと思う。

  2. 宮城犬 より:

    山でオーイに反応してはいけないらしいね(;・ω・)

  3. 成澤信 より:

    非差別部落だからとか関係ないじゃん?ただY親子が酷い人間なだけじゃん…………

  4. ヒュウガ より:

    Yの野郎、最低やな。
    トン爺、埋められたんやろ…卑怯モノは卑怯モノ。
    疎遠になって正解だ。
    次はイッチに罪を着せただろう。

  5. 限界ガラケー より:

    キレ散らかすほどの釣竿を子供に貸すなよ…

  6. コシオ より:

    爺さまと山ってテーマだと、爺さまが若い頃にバイクでツーリング中、山のモノノケに出くわして色々質問されたって話も面白かったな。モノノケに「その馬(バイク)は何を食うんだ?」とか聞かれるヤツw最終的に持ってたオヤツだかをモノノケに渡して難を逃れるって話だったと思う。

  7. 睡蓮 より:

    嘘はダメだよ。。。親が親なら子も子か。仲良くしてた人を売るなよ。

  8. 2ina.にいな より:

    ただただ悲しい、トン爺。。
    Y親子本当にクソだ。

  9. naoki k より:

    釣竿で殺すとこまでやるとは…。
    やっぱりDETTだな。
    やることが違うわ。

  10. monarizaoverdrive より:

    1話目、トンネルの爺ちゃん、トンじい…優しかったのに…
    ちゃんと危険だから近寄るな。と言ってくれたし良くしてくれたのに…
    Yの父親、余裕無さすぎですね。
    イッチとYには、殴られてでも本当の事を言って欲しかったけど
    自分の子供が素直に謝れず、
    嘘をつかなくちゃいけないところまで追い込んでどうする。と思いますよね。

    奧さんと娘さんのところへ行き、
    また輪廻転生して家族一緒で仲良く暮らせると良いなぁ…。
    縁、因縁は亡くなった後も関わるものです。

    Yの父親や仲間の住人も来世では…トンじいの立場、境遇で生きる人生を送るでしょう。
    全ては因果応報、自業自得。
    人に対して行った善行も悪行も全て自分に跳ね返ってくるんです。

    イッチやYも何度目かの人生で
    妙にファンタばかりくれる近所のおじちゃんと楽しく釣りをしたりするかもしれませんね。

    2話目、猿神、山神、ダイダラボッチっぽい感じもしましたが
    霧の中のブロッケン現象と自身の出した声『おーい』のヤマビコだったのかも。

    光の加減で後光のように伸びて見えるので
    手足や髪の毛が長く見えたりします。

    日本ではブロッケン現象は、阿弥陀如来のものとされるので悪いものではありません。
    実際に迷ってた、困っていたイッチを結果的に道まで誘導してくれた形ですよね。

    何でも祀る、崇めるのも問題ですが、何でも怖がるのも礼を欠いてしまいます。
    よく分からないものが怖いのは当然ですが
    それが何をしたか、キッカケと経過と結果がどうなったのか、実害の有無。
    そこから正しく判断して、次に行く時は御神酒やお供え物を持って行くと良いでしょう。

  11. 小和 より:

    親父は基地外、ガキは嘘つき、胸糞悪い親子だね。

  12. のりまき より:

    トン爺マジでかわいそう

  13. ラーメン発情期 より:

    Yの親父は釣竿1本で○人するレベルのマジ○チだけど
    Y自身が1番のク○だね

  14. 和田由美 より:

    奥吉野で育ったんだけど、山のモノノケよりオヤジの暴力が怖くて血だらけで深夜の山に逃げ込んでたょ、恐いのは人間それも身内。

  15. T K より:

    トン爺の話、胸糞やんけ…Yの父親、釣竿1本ぐらいで…

  16. あひる祭 より:

    親もおそらくは『子供の嘘』だと知っていて殺ったんだろな。
    我が子に憂さ晴らしをするより、隠遁生活で戸籍上も生きているのか死んでいるのか判らない人間を始末した方が便利だもの。
    だから、村人総出で狩ったんだ。
    一人の罪にならないために。
    そうなると、遅かれ早かれこの爺さんはこの子の身代わりじゃなくても、そのうち誰かのスケープゴートにさせられていたんだと思うよ?
    イギリスとフランスが戦争で和睦をする際、スケープゴートとしてジャンヌ・ダルクを利用したようにね。

  17. 紺屋黒猫 より:

    今回も2本だて。
    すまない、今日は講義は休ませて頂く事にする。
    いつもより少しだけ感情的になってるから上手く書ける気がしないでな。
    代わりに、それぞれの話での意見を書いておく。

    なるほどな。
    昔、被差別部落について授業を受けたが今一つ分からなかった。
    それは今も変わらなかった。
    私は元々、「偏見」を持ってない。 だが「識別」や「区別」はする。
    勿論、他人が私のやり方をどう受け止めるのかは責任は持たないが……
    最も、私に偏見があれば少しは判ったかも知れないが愚かしいものだ。

    部落問題は微妙に形は違えど世界各地にあったりする。
    しかし、その根幹は人間同士が互いに偏見を持ち合って始めた事だ。
    そのケジメを付けず、親から子へ、子から孫へ、それを集団でやった
    その結果がこれなんだろう。 実に醜くくだらない「家宝」だ。

    ……こんな家宝、ドロボウだって風呂敷に包みたがらぬよ! 捨てな!

    (ま、こんなもの包むくらいなら もっと大事なものを盗むだろうさ
     世界には包みきれない程の財宝があるだろうし夢は尽きない
     だが、一際輝く財宝が欲しけりゃ薔薇の花を持って貴方に会いに
     行けばいい。 柄じゃ無いが、こっちの方が建設的だろう?)

    2つ目の山の存在、これって妖怪に似たようなのがいたはずだが……?
    体のサイズを変化させる奴が 妖怪はあまり詳しくないのが仇になった
    同一、いや同種かは分からないが類似した存在だろうな。

    今回はここまで。 質問があればどうぞ

タイトルとURLをコピーしました