中国本土初進出「星野リゾート」の戦略【記者解説】(2021年10月13日)

日本でも有名なホテルグループ「星野リゾート」が中国本土に初進出しました。
今年4月にオープンし、一部屋当たりの最低価格が4000元、日本円でおよそ7万円します。
現地での評判や富裕層を狙った戦略などをANN上海支局の高橋大作支局長に聞きます。

Q:豪華な部屋や設備はどうなっている?

Q:初進出の場所に浙江省天台山を選んだ経緯は?

Q:今年春にオープンしたが、なぜいま取材?

Q:現地での人気・評判は?

Q:今のところ順風満帆?

Q:コンセプトや演出、地元の食材を生かした“和心漢菜”とは?

Q:現地に受け入れられている?

Q:星野リゾートの今後のビジョンは?

Q:宿泊した感想は?

◆ABEMA NEWSは24時間放送中! 視聴する▷

◆その他の記者解説はABEMAビデオでいつでも視聴可能! 視聴する▷

[テレ朝news]

コメント

  1. ikou nonbiry より:

    こんなご時勢によく中国に進出したなぁという感想。

  2. ポーちゃん寝る より:

    星野リゾートさん北海道で派遣の女性コロナになったのに保健所に報告しなかったの大丈夫ですか?

  3.   より:

    最悪のタイミングのような気がしないでもない

タイトルとURLをコピーしました