地震後に検査も・・・設備の故障?JR変電所火災の原因(2021年10月11日)

埼玉県蕨市にあるJR東日本の変電所の火災で、JR東日本は10路線で一時運転を見合わせ、23万6000人に影響が出ました。

11日は、実況見分が行われました。なかでも、念入りに実況見分が行われたのが“トランス室”と呼ばれる変圧器を制御する施設です。火災発生直後、すでに炎は、トランス室の外にまで広がっていて、メインの変圧器も燃えていました。

今回、火災があった変電所は“基幹変電所”と呼ばれる施設です。発電所から送られてくる電気の電圧を調整して、各地の変電所へ届けます。そして、そこから駅や各路線に電気を送る仕組みです。こうした基幹変電所は、JR東日本管内に18カ所しかない要の施設です。

鉄道工学が専門の東京大学名誉教授・曽根悟氏:「JR東日本は、日本の鉄道会社で唯一、自前の大きな発電所を持っている。川崎に火力発電所があり、信濃川の系列に水力発電所があり、そのほか電力会社から電力を買うと。この3つの電力をうまくミックスして、電車を走らせるための大本の変電所の一つ。電力の融通が、比較的短時間でできるような仕組みは今でもある訳で、約8時間も止めてしまったことを反省して、30分ぐらいで一応、復旧できるやり方を構築してほしい」

これまでのところ、第3者が侵入した形跡や、作業ミスは確認されていないことから、JR東日本は設備の故障が火災の原因ではないかとみています。

7日に起きた東京で震度5強を観測した地震との関連についても調査中です。ただ、JR東日本は、地震の翌日にも点検を実施していて、その時は、異常がなかったことを確認したといいます。
[テレ朝news]

コメント

  1. Rose Luca より:

    あららぁ

  2. キットkaitou より:

    設備の故障となるなら、他の場所の設備も見直しや点検は必要。復旧作業の短縮化も急いだ方がいいですね。
    もお、老朽化は止まらないので知恵を使って乗り切るしかないです。

  3. k k K より:

    最近の地震に続き発電火災での電車停止に 格安ホテルやタクシー屋等は 
    久々のウハウハ稼働で 何よりだったでしょう。

  4. ヤマガラ より:

    トランス内部の絶縁破壊から短絡事故、高熱で絶縁油が膨張噴出して火災ですかね。使用が長い?絶縁物の更新はされていたと思うが、地震がわざわいしたかも?送電系統の見直しやバックアップ体制の強化も必要?

  5. 福田歌璃菜 より:

    3分に1本来るよりも地元路線の1~2時間に1本でちょうど良いかな
    なんか、電気設備の火災や故障や停電って
    ほとんど都心部の路線ばかりに集中しているような気がする。なんでだろ?
    こっちは原顔とメルヘンが連続勾配25パーミルを登り降りしているから
    経験では 遅延理由 線路凍結によるスリップ 草が車輪に絡まった 車両故障
    数時間以上の遅れと運休の絶望は東京の比ではない。

  6. すぇいありあ より:

    神の気まぐれ。天罰と呼びます。

  7. THE OTホール より:

    地震が原因かと、、

  8. 藤川ひろみ より:

    JRの大規模停電って稀に起きるけど、いつも土日に発生してる気がする。
    土日に起きる原因ってなんかあるのかなー?

  9. one zero より:

    テロ?

  10. 【チャンネル登録死ぬまで歓迎】石原明の経営のヒント紹介(本城) より:

    月曜朝までに復旧したことはよかった。熱いトラブルでしたが今はホットしてます。

タイトルとURLをコピーしました