逃げから始まった挑戦 東京パラ競泳「金」木村敬一(2021年10月5日)

9月に行われた東京パラリンピック、視覚障害100メートルバタフライで金メダルに輝いた木村敬一さん(31)。4大会目の出場で、ついに達成できた悲願でした。しかし、この喜びを噛みしめるまでには、大きな葛藤がありました。

東京への挑戦には“イヤイヤ病”だったという木村さん。実は5年前のリオパラリンピックで、金メダルに全てを懸けて臨んだものの、結果は無念の銀メダル。気持ちが切れしまい、勝負の場から逃げたいと考えていたのです。

木村敬一さん:「イヤイヤ病というか、リオのパラリンピック5年前まで、すごく厳しいトレーニングを積んだし、頑張ったつもり。でも届かなくて金メダルに。もう4年、頑張る勇気が湧いてこなくて。だからもう、ここに居たくない、戦うところから一度逃げたかった」

しかし、同時にこんな思いも湧いてきたといいます。

木村敬一さん:「少々トレーニングがうまくいかなくても、生活が充実していれば、人生トータルとして楽しくなるのかなと思った。ゼロの状態からスタートしても、チャレンジすることによって、ゼロより下になることはない、マイナスになることはなくて、成功すればプラスだし、失敗しても進まないだけ」

チャレンジすることで、マイナスにはならない。競技で上手くいかなくとも、日常が充実すればプラスに。そこで決意したのが、アメリカへの留学でした。

先天性の病気で全盲となった木村さんにとって、ひとり見知らぬ土地で暮らすのは大変なこと。英語が話せない木村さんは、語学学校へ通いました。テキストは英語の点字で書かれています。練習する環境も自分で確保する必要がありました。

それでも、毎日が新鮮だったといいます。

木村敬一さん:「海外生活を味わった、英語しゃべれるようになった、世界中に友達ができたってなったら、財産になる。僕、頑張ってるなって思えた。(Q.そう思えた一番のポイントは?)日記をつけて、何カ月かに1回、振り返った時に、偉いなって思った。(Q.日記はどう書いてる?)音声読み上げソフトを入れたパソコンでずっと書いてて。数カ月ホテルに住んでいたんですけど、きょうはラウンジのお姉さんに『スプーンどうやって返したらいいですか?』って聞けたとか、『コップどこですか?』って言えたとか。(Q.言えなかったんですか?)そうですね。それが数カ月前の日記。それが『台所でコップ盗まれたから文句言ってやった』とか書いていて。スプーンも1人で戻せなかったやつが『コップなくなった』って騒げていると思うと、大したもんだなと」

できなかったことができるように。日々の生活で小さな自信を積み重ねていくと、水泳への思いにも変化が出てきました。

木村敬一さん:「自分に自信があるから、どんなことも思い切ってやれる。自信がついて初めて、色んなことにチャレンジしていける余白が(心に)できた。自信があるから、新しいチャレンジした時にきっとうまくいく。うまくいかなかったとしても『大丈夫だろう』と。別に根拠はないんですけど、思えてるからチャレンジするゆとりがある。好循環ですよね」

こうしてアメリカで2年を過ごした木村さん。最初は逃げたかったという思いで始めた挑戦が、新たな気付きをもたらし、金メダルにつながりました。
木村敬一さん:「アメリカにいる時、毎日が楽しくて、呼吸しているだけで自分が成長しているって思えた。一瞬たりとも無駄な時間を過ごしてない。
[テレ朝news]

コメント

  1. ogeniboy より:

    パラリンピックって先月あったばりなのに随分前の出来事のように感じる

タイトルとURLをコピーしました