舎人ライナー脱線 地震から一夜明け・・・現場は?(2021年10月8日)

 7日夜、東京都や埼玉県で最大震度5強を観測する地震がありました。脱線した舎人ライナーの車両近くから報告です。

 (社会部・秋本大輔記者報告)
 日暮里舎人ライナーの線路上には、現在も5両編成の1番前の車両が進行方向の右側に向かって脱線している状態が続いています。今は見られないのですが、8日午前7時ごろから黄色いヘルメットをした作業員が特に先頭の車両などを確認する様子が見られました。

 そして、カメラを右に振りますと、舎人公園駅があります。電車は駅を出て200メートルほどのところで脱線しました。駅を見てきましたが、普段はこの時間に開いているシャッターが閉まっていまして、運転見合わせの貼り紙が貼ってありました。

 7日、乗客は20人から30人ぐらい乗っていたということで、そのなかで3人がけがをしたということですが、いずれも軽傷だということです。

 東京都交通局によりますと、舎人ライナーは全線始発から見合わせとなっていて、現時点で再開のめどは立っていません。

 脱線以外に車両に電気を送る設備の破損も確認されたということで、車両の撤去以外にその修理も必要ということです。東京都交通局としては代わりの移動手段としてバスの増便などを予定しています。

 近くに住む人に話を聞いたところ、やはりこの線路、買い物でも病院行くにしても使う足だと話されていて、8日も病院行く予定だったけど困っちゃったと、そんな話もありました。
[テレ朝news]

コメント

  1. ブラックコーヒー より:

    どれだけ対策を講じようと、やっぱり自然には敵わんな

  2. アスカノワダイ【Kousei HAWKS】 より:

    首都圏で起きると大変ですね。

タイトルとURLをコピーしました